横隔膜とFascia(筋膜)との関係

解剖学
Pocket

スポンサードサーチ

横隔膜の機能

横隔膜は、主に呼吸器としての役割を多く占めていますが、体幹の安定性(特に腰椎)や姿勢の保持にも関係しています。

その中でも今回は、横隔膜を含むFascia(筋膜)を4つご紹介していきます。

この章を読んでいただくことで、横隔膜単独ではなく、他の組織の関連の一部として横隔膜を評価していく視点が得られるかと思います。

また、横隔膜に関与するFacsiaの観点からも、腰椎椎間関節・仙腸関節の安定性に寄与することが理解できる内容になっています。
こちらの記事では、横隔膜の解剖学的特徴と機能をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関係をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜と内臓の解剖学的接続や呼吸・循環器との関連をご紹介しています。

Fascial Link(筋膜的接続)

横隔膜と骨盤底、そして身体の他の部分との筋膜的接続(Fascial link)および結合的接続を考慮することが重要です。

腹筋群は、肋骨・腰椎・恥骨腸骨領域と関連しています。
例として、腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・錐体筋・精巣挙筋・腹横筋・大腰筋・腰方形筋・仙棘筋・横棘筋などに関連しています。

Fascial linkにおいて、Fasciaは固有受容感覚特性を有しており、重要な周辺情報を提供するだけではなく適切な侵害受容機能を有する小体が豊富にあります。
(小体として、ゴルジ、パチニ、ルフィニが存在します)

Fascia組織は、収縮することができる線維を有しています。
そのため、スパズムを引き起こす可能性があり、後に機能不全および疼痛を引き起こすことが考えられます。

横隔膜または、このFasciaに属する構造のいずれかに問題がある場合、機能不全があると示唆されます。

スポンサードサーチ

横隔膜を含むFascia

後腹膜レベルでは、横隔膜を含むFasciaは4つの部分に分けられます。

①Interfascial plane(筋膜間腔)

大動脈系、下動脈系、肝臓、大腰筋、腰方形筋、心臓部、横隔膜-食道靭帯、腎臓が関係しています。

②横筋膜

腹腔内筋膜の続きであり、胸膜・心膜・横隔膜・頸筋膜に連続しています。

また、深層や中間層の頸筋膜の部分では、斜角筋や横隔神経を含んでいます。
深頸筋膜は、横筋膜を経由して恥骨にまで到達します。

③胸腰筋膜

仙骨領域から胸部領域を通って、最終的に頸部まで後方で発達している筋膜になります。
広背筋・僧帽筋・大殿筋・外腹斜筋と関係しており、仙腸関節を安定させています。

頸部痛は、横隔膜の原因を有することがあり、腰胸筋膜を介して頸部に悪影響を及ぼすことも考えられます。

④外側縫線

第12肋骨から腸骨稜に向かっており、呼吸・横隔膜の機能に関係しています。
横隔膜に関連する腰方形筋はL2につながっており、この接続は外側縫線によって支持されています。

横隔膜とFasciaの捉え方

これらのFasciaは、筋のパフォーマンスを向上させるために非常に重要であると考えられます。
収縮力が結合組織を介して全方向に伝達され、その緊張は同時に情報を送信し、すべての身体領域に影響を及ぼすことになります。

これらの力の取り扱いが制限されると、姿勢と内臓の均衡が崩れ、機能不全になっていく可能性があります。

スポンサードサーチ

まとめ

横隔膜は、様々な軟部組織との関連を持っており、さらに内臓との関連も有しています。

Fascianには固有受容感覚があり、重要な周辺情報を伝達することにも関与しています。
そのため、横隔膜と他の組織との接続は非常に重要だと考えられます。

また、横隔膜が胸腰筋膜と関連していることで、頸部痛や腰痛などとも関連していると考えられます。

横隔膜のまとめ

  • 様々な筋との関係が存在する
  • 頭蓋・頸基部領域の痛みの要因として考慮するべきである
  • 腰椎・仙腸関節の安定に寄与している

こちらの記事では、横隔膜の解剖学的特徴と機能をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関係をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜と内臓の解剖学的接続や呼吸・循環器との関連をご紹介しています。

参考文献

Anatomic Connection of the Diaphragm:Influence of Respiration on the Body System:Bruno Bordoni, Emiliano Zanier, Journal of Multidisciplinary Healthcare, 2013

コメント

  1. […] 横隔膜とFascia(筋膜)との関係横隔膜が接続するFasciaは、主に4つ存在しています。その中でも、胸腰筋膜との接続を考慮すると、頸部痛や腰痛との関連も考えられます。Fascia(筋膜)の […]

  2. […] 横隔膜とFascia(筋膜)との関係横隔膜が接続するFasciaは、主に4つ存在しています。その中でも、胸腰筋膜との接続を考慮すると、頸部痛や腰痛との関連も考えられます。Fascia(筋膜)の […]

  3. […] 横隔膜とFascia(筋膜)との関係横隔膜が接続するFasciaは、主に4つ存在しています。その中でも、胸腰筋膜との接続を考慮すると、頸部痛や腰痛との関連も考えられます。Fascia(筋膜)の […]