股関節

専門家向け記事

歩行における足部・膝関節・股関節・骨盤・胸郭の運動連鎖まとめ:距骨下関節が過回外する原因

足部・足関節・膝関節・股関節・骨盤・胸郭の関節運動連鎖を考察し、距骨下関節が過回外してしまう原因を紐解いています。この記事を読んでいただくことで、特に歩行における運動連鎖に着目しているため、歩行時の見るべきポイントを絞ることができます。身体を1つのシステムとして捉える必要性もお分かりいただけます。
一般の方向け記事

太ももの外側が痛い時に行うべきストレッチ・トレーニング方法

座っている時、立っている時、座っている時に太ももの外側が痛くなってしまう原因と、それに対する太もものストレッチ方法、お尻や内もものトレーニング方法をご紹介しています。硬くなってしまっている部分をストレッチするだけでなく、硬くならないように他の部分をトレーニングしていく必要があります。
専門家向け記事

なぜ大腿筋膜張筋を過剰に使用してしまうのか?

大腿筋膜張筋を過剰に使用してしま理由は、大きく分けて2つあります。一つ目が筋のインバランスです。大腿筋膜張筋を積極的に使用している場合と、仕方なく頼ってしまう場合があります。2つ目が骨盤-大腿骨のアライメントです。姿勢や動作が大きく影響します。
専門家向け記事

大腿筋膜張筋を抑制するために必要な5つの筋肉の活動

大腿筋膜張筋が過緊張・短縮の状態にあると、身体にとって様々な問題が生じることになります。大腿筋膜張筋を抑制させるためには、腹筋群・ハムストリング・臀筋群・内転筋群を活動させる必要があります。これらの筋作用をもとに、大腿筋膜張筋を抑制することができる理由を解説しています。
一般の方向け記事

開脚ストレッチのやりすぎは危険?股関節を痛めてしまう可能性

多くの人が知っている”開脚ストレッチ”ですが、これを行うことで股関節を痛めてしまう方が少なくありません。今回の記事では、股関節の構造上の問題でストレッチすると、身体を痛めてしまう可能性があることをお伝えしていきます。ストレッチすることでの弊害もまとめています。
介入方法

ハムストリングの肉離れの症例:3ヶ月以上持続する大腿後面の痛み・違和感

ハムストリングの肉離れの受傷後3ヶ月経過しても大腿後面の痛み・違和感が持続する症例をご紹介します。長期間にわたり症状を感じてしまう場合、筋連鎖やモーターコントロールの観点からも腰部・骨盤帯や足関節の影響を考慮する必要があります。
解剖学

坐骨神経絞扼の要因:線維性・線維血管性バンドのタイプ分類

下殿部領域ではFibrous band(線維性バンド)・Fibrovascular band(線維血管性バンド)により、坐骨神経の絞扼性神経障害を引き起こす可能性があります。梨状筋症候群の原因としても考えられます。
解剖学

坐骨神経の走行バリエーション:梨状筋との関係

坐骨神経の走行には個人差・バリエーション・破格があります。約80%では梨状筋の下を通過しますが、その他の場合は梨状筋の間を貫通することもあり、梨状筋症候群の発症との関連があります。本記事では、上双子筋や小殿筋との関係も考えます。
一般の方向け記事

股関節のしくみと動きの特徴

大腿骨頭と臼蓋・寛骨臼で構成される股関節、周りを覆う靭帯や筋肉、関節内の軟骨や滑膜・関節包・関節唇の特徴をご紹介!股関節の動き方に関する内容は、普段行うストレッチの際にも有益な情報です。痛みの場所によって、痛みの原因がそれぞれ違います。
解剖学

外側大腿皮神経の走行バリエーション
腸腰筋・梨状筋との関係

外側大腿皮神経の走行はバリエーションが豊富で絞扼部位も個人差が大きいと考えられています。今回の記事では、7つの走行バリエーションと3つの分岐タイプをまとめています。神経伸張の肢位から、腸腰筋・梨状筋との関係を解説します。