専門家向け記事

脊柱のアライメントと神経の滑走性の関係性:座位におけるスランプ肢位と直立肢位の差

脊柱のアライメントと神経伸張テスト・神経モビライゼーション時における神経の滑走性の関係性の関係性をまとめています。座位姿勢のスランプ肢位と直立肢位において、坐骨神経の滑走性は有意な差がありません。大腿神経や正中神経に関してもまとめています。
専門家向け記事

下肢の神経学的評価:感覚・運動神経の検査と神経伸張テストの評価方法

腰痛や下肢の痛み・痺れの症状がある際に、評価として必要な下肢の神経学的評価方法をまとめた記事になります。主に椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症において、必要な評価です。感覚神経・運動神経の検査と神経伸張テストを詳細に解説しています。セラピストにとっては必須の知識となります。
専門家向け記事

上殿皮神経由来の腰痛:症状・原因のまとめ

上殿皮神経の絞扼性障害による、腰痛・臀部痛や下肢痛の症状の特徴・原因をまとめています。上殿皮神経の解剖学や触診部位に関しても解説しています。非特異的腰痛のなかでも意外と多い割合で存在する病態です。
一般の方向け記事

立っている時に感じる腰痛の原因と意識するポイント

長時間立っていると腰が痛くなってしまう原因は、主に腰の筋肉の緊張が高くなってしまっていることにあります。対処方法としては、お腹やお尻に軽く力を入れること、重心を土踏まずのやや後ろにかける3つのポイントがあります。家でストレッチは面倒臭い方にはオススメの内容です。
一般の方向け記事

出産後の腰痛・骨盤痛に対するストレッチやトレーニングの方法

『骨盤がゆがんでいます』や『出産後は骨盤がずれる』ということを聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。実際に、歪んだりズレることはありません。腰・骨盤周りの筋肉、特に腹筋やお尻をトレーニングで鍛えることで補うことで痛みを改善していきましょう。
一般の方向け記事

腰の関節や筋肉・椎間板のしくみ:腰痛の原因はなに?

腰の骨・関節・椎間板・筋肉のしくみや特徴から、腰痛の原因をご紹介しています。腰痛の症状に合わせた内容、セルフチェック方法やストレッチ・エクササイズ方法のページもリンク先よりご参照いただけます!
介入方法

左腰部痛と下肢痺れを呈する症例
骨盤帯不安定性と梨状筋症候群の関係

腰部痛と殿部から大腿後面にかけての下肢痺れを呈する症例になります。特に、骨盤帯不安定性と梨状筋症候群の関係や、胸郭との姿勢連鎖を考える過程をご紹介しています。腰椎椎間関節や仙腸関節との関係を解説しています。
解剖学

外側大腿皮神経の走行バリエーション
腸腰筋・梨状筋との関係

外側大腿皮神経の走行はバリエーションが豊富で絞扼部位も個人差が大きいと考えられています。今回の記事では、7つの走行バリエーションと3つの分岐タイプをまとめています。神経伸張の肢位から、腸腰筋・梨状筋との関係を解説します。
一般の方向け記事

腰を反る・長時間の立ち姿勢で腰が痛い時のセルフエクササイズ5選

腰を反る動き、長時間立っている姿勢をとる、起床時・朝起きた時に腰が痛くなる症状は、腰の筋肉が緊張して反る癖・習慣が定着している可能性があります。胸・肩周りや股関節をストレッチし、肩甲骨やお尻の筋肉を使うことで改善していきましょう。
一般の方向け記事

身体を後ろに反る動きで腰が痛い時のセルフチェック方法

身体(腰)を反る時、体の伸びをするとき、寝るときや起き上がるときに腰が痛い場合、動き始めで腰が痛い時、腰・股関節・肩甲骨周りの状態を確認するための3つの簡単セルフチェックを行い、腰痛の原因を見つけましょう。