横隔膜を支配する横隔神経と迷走神経・三叉神経との関係

解剖学
Pocket

スポンサードサーチ

横隔膜の機能

横隔膜は、主に呼吸器としての役割を多く占めていますが、体幹の安定性(特に腰椎)や姿勢の保持にも関係しています。

臨床の場面では、呼吸がうまくできない方は多く遭遇します。これにより様々な問題が身体に生じていることもありますよね。
『呼吸の介入をすることで、首や腰の症状だけでなく、身体のあらゆる症状を緩和させることができた』 というような内容を耳にしたことがあるかもしれません。

このようなことを考えると、横隔膜が適切に機能していることは非常に重要です。

横隔膜は横隔神経に支配されていますが、横隔神経は迷走神経や三叉神経とも関係しているため、これらの相互作用を知っておくことは臨床場面で有用であると考えられます。

そこで、今回の記事では、『横隔膜を支配する横隔神経と迷走神経・三叉神経との関係性』に着目していきます。

広く知られている内容ではありませんが、なるべくわかりやすくまとめていますので、最後まで目を通していただければと思います!

横隔膜を支配する横隔神経

横隔神経について

  • 横隔神経は横隔膜を神経支配し、C3からC5の神経根から走行しています
  • 横隔神経の経路は、腕神経叢全体と頸神経叢全体を含みます(C1-T1)
  • 横隔神経は、横隔膜にて多くの枝に分岐します
  • 横隔神経は感覚線維と運動線維を含むため、心膜や肝臓、大静脈、腹膜からの求心性神経を受けます
  • 横隔運動単位は、呼吸を制御するだけでなく、嚥下・発声・気道内の喀痰のための老廃物の除去など、特に呼吸作用ではない他の機能を果たします

横隔膜や横隔神経に問題がある場合、食道逆流や嚥下の問題を引き起こす可能性があります。

横隔膜障害の影響を受ける可能性のある神経根は、C4/5・C5/6であり、特に腋窩神経・肩甲上神経・肩甲背神経・筋皮神経・鎖骨下神経になります。

横隔膜の機能不全がある場合、胸鎖乳突筋や斜角筋など頸部周囲筋を使用し、代償性の呼吸をします。また、鎖骨下筋が過剰に収縮する場合もあります。これによって、鎖骨が後退・前下方へ変位し、第一肋骨は挙上することで、胸郭出口症候群の症状を引き起こす可能性があります。

このことをまとめると、横隔膜と胸郭出口症候群の間には、密接な関係があるということになります。

スポンサードサーチ

迷走神経との関連

横隔神経は迷走神経と吻合し、一方で迷走神経は横隔膜の外側領域を神経支配します。

一般的には、迷走神経の食道求心性線維が、髄質と横隔膜運動ニューロンの抑制に影響を及ぼしていると考えられます。

迷走神経は、求心性および遠心性の接続によって内側縦束に接合されています。
(※内側縦束:系統発生上あるいは個体発生上、脳幹に古くから存在するもので、中脳吻端から脊髄前索に至る線維束)

内側縦束は、中脳と三叉神経を含む大部分の脳神経、および眼を支配する脳神経(Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴの最初の分岐・Ⅵ)、舌(Ⅶ・Ⅻ)、および頸部の基部(C1-3)をつなぐ神経線維との関連があります。
したがって、迷走神経と内側縦束は重要な接続経路であるということが言えます。

迷走神経と内側縱束の経路は、視覚と姿勢との間に深い関係があります。
以上のことから、横隔膜機能障害の症状としては、頭蓋領域の痛みや眼球運動の問題を引き起こす可能性を示唆しています。

三叉神経との関連

迷走神経は、三叉神経系と密接に関連している舌下神経と関連しており、舌下神経は横隔神経および肋間筋から多数のシナプス前インパルスを受けます。

定期的な呼吸において、横隔膜自体が収縮する直前に、オトガイ舌筋や舌骨舌筋などの口蓋底筋が協働します。
オトガイ舌筋が作用することで、吸気中に上気道が閉じるのを防、適切な呼吸ができているということになります。

口蓋底筋は、求心性線維によって三叉神経系に接続されているため、頸頸部との関連があります。
また、舌下神経は、C1-2領域の後頭下筋群との関連があります。

これは、横隔膜の機能不全が頸基部領域や口蓋底へ症状を引き起こす可能性を示唆しています。

スポンサードサーチ

他の神経学的関連

横隔膜と内臓の関連

  • 腹腔神経節はTh4・5-Th9に由来する
  • 上腸管膜動脈神経叢はTh10-Th11-Th12に由来する
  • 腎神経叢や腎神経としても知られている下腸管膜動脈神経叢は、L1-L2に関連している

一般的に、これらは共通の裂孔を介して横隔膜を通過します。
これは、内臓の活動が横隔膜の影響を受けることを意味しています。

また、3つの神経叢の神経支配に関連した椎間関節や関連組織の痛み、支配領域における筋の痛みを生じうる可能性を示唆しています。

まとめ

横隔神経と迷走神経や三叉神経との関連は、非常に興味深い内容でした。

上肢の痺れや頸部・頭蓋領域の痛み、眼周囲の疲労感などが横隔膜からの影響を受けている可能性を念頭に置いておくと、評価結果を考察する上で解釈の幅が広がるのではないでしょうか。

横隔膜のまとめ

  • 胸郭出口症候群の要因の1つとして考慮するべきである
  • 頭蓋・頸基部領域の痛みの要因として考慮するべきである
  • 腰椎・仙腸関節の安定に寄与している

こちらの記事では、横隔膜の解剖学的特徴と機能をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜とFascia(筋膜)の関係をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜と内臓の解剖学的接続や呼吸・循環器との関連をご紹介しています。

スポンサードサーチ

参考文献

Anatomic Connection of the Diaphragm:Influence of Respiration on the Body System:Bruno Bordoni, Emiliano Zanier, Journal of Multidisciplinary Healthcare, 2013

コメント

  1. […] 横隔神経の作用と迷走神経との関連、横隔膜と筋膜の接続横隔膜を神経支配している横隔神経のはたらき、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関連や他の内臓神経の関連をご紹介していま […]

  2. […] 横隔膜を支配する横隔神経と迷走神経・三叉神経との関係横隔膜を神経支配している横隔神経のはたらき、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関連や他の内臓神経の関連をご紹介していま […]

  3. […] 横隔膜を支配する横隔神経と迷走神経・三叉神経との関係横隔膜を神経支配している横隔神経のはたらき、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関連や他の内臓神経の関連をご紹介していま […]

  4. […] 横隔膜を支配する横隔神経と迷走神経・三叉神経との関係横隔膜を神経支配している横隔神経のはたらき、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関連や他の内臓神経の関連をご紹介していま […]