介入方法

専門家向け記事

ヒップヒンジ(Hip Hinge)エクササイズとは?

ヒップヒンジ(Hin Hinge)動作は、デッドリフト・スクワットなどのトレーニングや、立ち上がり動作・床の物を拾う時の動作など日常生活においても非常に大切な動作になります。この動作を指導するときに注意するポイントやフィードバックの与え方、エクササイズ肢位の選択をまとめた記事になります。
専門家向け記事

歩行における足部・膝関節・股関節・骨盤・胸郭の運動連鎖まとめ:距骨下関節が過回外する原因

足部・足関節・膝関節・股関節・骨盤・胸郭の関節運動連鎖を考察し、距骨下関節が過回外してしまう原因を紐解いています。この記事を読んでいただくことで、特に歩行における運動連鎖に着目しているため、歩行時の見るべきポイントを絞ることができます。身体を1つのシステムとして捉える必要性もお分かりいただけます。
専門家向け記事

脊柱のアライメントと神経の滑走性の関係性:座位におけるスランプ肢位と直立肢位の差

脊柱のアライメントと神経伸張テスト・神経モビライゼーション時における神経の滑走性の関係性の関係性をまとめています。座位姿勢のスランプ肢位と直立肢位において、坐骨神経の滑走性は有意な差がありません。大腿神経や正中神経に関してもまとめています。
介入方法

頸部痛を診る:患者への情報提供・運動療法・徒手療法

今回の記事では、『頸部痛を診る』の第3弾として治療・介入方法についてまとめています。患者への情報提供(患者教育)、エクササイズ・運動療法、マッサージ・モビライゼーション・マニピュレーションなどの徒手療法に関するエビデンスを考慮し、それぞれの考え方、解釈の仕方を臨床的にまとめています。
介入方法

外側大腿皮神経の絞扼性障害と椎間関節性腰痛の症例

今回の記事では、外側大腿皮神経の絞扼性障害とL2〜4の椎間関節性腰痛の症例をまとめています。症状としては、大腿前面外側の感覚鈍麻と、起立動作や前かがみ動作での腰部痛でした。評価およびその解釈の方法と、介入の流れに関してまとめています。
介入方法

Scapula Dyskinesia:肩関節と肩甲骨に対する介入方法

Scapula Dyskinesia(肩甲骨運動異常)に対する介入方法を、肩関節・肩甲骨に着目してご紹介していきます。肩の前面の胸筋群(大胸筋・小胸筋)・後面組織(後方関節包)のモビリティの向上と、肩甲骨を含む胸郭のモーターコントロールが必要となります。
介入方法

ハムストリングの肉離れの症例:3ヶ月以上持続する大腿後面の痛み・違和感

ハムストリングの肉離れの受傷後3ヶ月経過しても大腿後面の痛み・違和感が持続する症例をご紹介します。長期間にわたり症状を感じてしまう場合、筋連鎖やモーターコントロールの観点からも腰部・骨盤帯や足関節の影響を考慮する必要があります。
介入方法

肩挙上と結帯動作時痛の症例:肩甲切痕の破格とモーターコントロール機能

肩関節屈曲・内旋動作と結帯動作時に疼痛を訴える症例に対し、評価・介入を考察した記事になります。転倒受傷(外傷)によるモーターコントロール機能不全と、肩甲切痕の破格に伴う肩甲上神経絞扼により棘上筋・棘下筋の萎縮が生じることを考慮しています。
介入方法

左腰部痛と下肢痺れを呈する症例
骨盤帯不安定性と梨状筋症候群の関係

腰部痛と殿部から大腿後面にかけての下肢痺れを呈する症例になります。特に、骨盤帯不安定性と梨状筋症候群の関係や、胸郭との姿勢連鎖を考える過程をご紹介しています。腰椎椎間関節や仙腸関節との関係を解説しています。
介入方法

母指屈曲動作が困難であった症例に対し胸郭・肩甲帯からのアプローチが有効であったことの考察

母指屈曲動作が困難であった症例に対し、胸郭・肩甲帯からのアプローチが有効であったこと踏まえて、姿勢や動作の連動(運動連鎖)、アナトミートレインを考慮した筋連結・筋筋膜経線の2つの観点から考察をしていきます。