横隔膜と内臓の連結:呼吸・循環器との関係

解剖学
Pocket

スポンサードサーチ

横隔膜

横隔膜は、主に呼吸器としての役割を多く占めていますが、体幹の安定性(特に腰椎)や姿勢の保持にも関係しています

最近では、呼吸器を運動器として捉えることに注目されているかと思います。
そのなかでも今回は、横隔膜と内臓の解剖学的接続や呼吸・循環器との関連をまとめていきます。

こちらの記事では、横隔膜の解剖学的特徴と機能をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関係をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜とFascia(筋膜)の関係をご紹介しています。

横隔膜と周囲を繋ぐ靭帯

横隔膜はあらゆる情報の交換ポイントになります!
色々な部位との関わりがありますが、全て覚えなければいけないというわけではなく、”繋がっているんだな”と思っていただければ良いと思います。

横隔膜周囲の靭帯

  • 横隔膜の上面は肺胸膜に結合し、下面は腹膜に結合する
  • 横隔膜靭帯は、横隔膜と内臓を接続する
  • 下肺靭帯は、横隔膜を肺の基部に接続する
  • 横隔膜心膜靭帯は、心臓と横隔膜をつなぐ
  • 横隔膜食道靭帯は、食道と横隔膜を結合し、粗性結合組織から構成される
  • 肝靭帯や鎌状靭帯、左右の三角靭帯は、横隔膜下胸膜肥厚を表す
  • 横隔結腸ひだは、横隔膜と右上行結腸の角と接続する
  • トライツ靭帯は主に左の内側支柱から始まり、十二指腸空腸の角に向かう筋性の一連のつながりによって構成される
  • 横隔膜心膜靭帯は、横方向に収縮力を分散させる際に横隔膜が支えられる支点となる

全ては覚えきれませんね。。。
まとめると、横隔膜は内臓との接続があり、肺や心臓など呼吸循環器系との関わりもあるという認識で良いかと思います!

スポンサードサーチ

横隔膜の2つの領域

機能的な観点からは、横隔膜は頭蓋領域と肋骨領域の2つの領域に分けることができます。
前者は正確な呼吸の役割をしますが、後者は胃食道逆流を防ぐ役割をします。

嚥下、食道拡張、および嘔吐の間は、これらの横隔膜領域は異なる時間に異なる神経支配で機能しなければならないため、この分離は解剖学的機能を持っています。

横隔膜と骨盤隔膜

考慮すべきもう一つの問題として、骨盤隔膜との接続があります。
通常の呼吸の間、または咳や他の生理学的な横隔膜の変化の場合には、骨盤底の変化が観察されます。

例えば、吸気中に横隔膜が下降すると、それに対応して骨盤底が下がります。
この過程は、腹腔内圧の変化を制御する(そしてそれに対応する)ことを目的としています。

つまり、腹腔臓器が骨盤内に入り込みやすいように骨盤隔膜も下がるということです。
それはまた、人間の体幹の安定性を確保し、呼吸や咳をしている間も尿閉(排泄抑制・自制能力)を維持することを確認しています。

骨盤隔膜は、骨盤内臓器を支え、腹腔内圧の上昇に抵抗するのに重要な役割を果たすだけでなく、呼吸機能にも影響を与えることが言えます。

スポンサードサーチ

心血管系との関係

呼吸は、心血管制御の一定かつ強力な調節因子です。

横隔膜には、血管の通り道があります。
・下大静脈が通過する”大静脈孔”が第8胸椎の高さにあります。
・下行大動脈が通過する”大動脈裂孔”が第12胸椎の高さにあります。

横隔膜の機能不全によって引き起こされるかもしれない、大動脈の圧迫または大動脈分岐部異常の症例があります。
『すでに心血管系の病気が診断されて、その結果横隔膜周辺の硬さが増加している場合は、横隔膜に対する適切な理学療法により血流が末梢部に到達するのに役立つだろう』というのがこの文献では述べられていました。
静脈鬱滞などの症状がある場合は、横隔膜の機能を評価することが推奨されています。

リンパ系との関係

横隔膜収縮活動によって助けられるリンパの流れは、腹膜表面に関して、横隔膜の末梢から中心腱へとつながります。

横隔膜から流れるリンパ液は、傍胸骨縦隔幹と胸管に入り、最後に静脈系に入ります。
腹膜腔内には、効率的で迅速なリンパドレナージシステムがあります。

リンパ液の吸収は、腹腔内圧と姿勢に次いで、リズムに依存しています。
これらの概念は、何らかの理由で横隔膜の不適切な機能がリンパ系に悪影響を及ぼす可能性があるため重要です。

スポンサードサーチ

まとめ

横隔膜が、これほどまでに様々な場所に影響していることは驚きでした。

呼吸に関連していることも踏まえると、非常に大切な部分になりますので、軽視しないようにしていきたいと思います。(自戒を込めて)

横隔膜のまとめ

  • 横隔膜は、内臓からの様々な情報が集まってくる場所
  • 呼吸器、嚥下機能の補助、腹腔内圧の保持と姿勢をコントロールする役割を有する
  • 心血管系やリンパ系にも影響を及ぼす

こちらの記事では、横隔膜の解剖学的特徴と機能をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔神経と迷走神経・三叉神経の関係をご紹介しています。

こちらの記事では、横隔膜とFascia(筋膜)の関係をご紹介しています。

参考文献

Anatomic Connection of the Diaphragm:Influence of Respiration on the Body System:Bruno Bordoni, Emiliano Zanier, Journal of Multidisciplinary Healthcare, 2013

コメント

  1. […] 横隔膜と内臓の連結:呼吸・循環器との関係横隔膜は周囲の臓器と靭帯を介して接続しています。さまざまな内臓からの情報が集まる場所であり、呼吸・循環器としても重要な役割を果 […]

  2. […] 横隔膜と内臓の連結:呼吸・循環器との関係横隔膜は周囲の臓器と靭帯を介して接続しています。さまざまな内臓からの情報が集まる場所であり、呼吸・循環器としても重要な役割を果 […]

  3. […] 横隔膜と内臓の連結:呼吸・循環器との関係横隔膜は周囲の臓器と靭帯を介して接続しています。さまざまな内臓からの情報が集まる場所であり、呼吸・循環器としても重要な役割を果 […]