マスクを着用しての運動はからだにどのような影響を与えるの?

マスク着用での運動が体に与える影響のトップ画像:一般の方向け内容 スポーツ・怪我
Pocket

スポンサードサーチ

マスクは着用した方が良い

2020年11月中旬以降、新型コロナウイルスによる感染は再び拡大しており、GoToキャンペーンの一部地域の除外・飲食店では時短営業が再度開始される状況の中、マスクの着用は必須の風潮で、着用していない方が不自然な世の中となっています。

新型コロナウイルス感染症は、飛沫を介して広がることが知られているため、マスクを着用することでウイルスの飛散を防ぐことができます。そのため、日常の生活において着用することは必要です。

しかし、少し急ぎの用事があったり、電車の時間に間に合わないから走らないといけない場面では、マスクをしていることで息切れや呼吸苦を感じることもあるのではないでしょうか?
筋トレや有酸素運動などをするときはなおさら、呼吸が行いにくく息苦しさを感じることと思います。

そこで今回の記事では、マスクを着用した状態での運動は身体に良いのか、あるいは悪いのかを検討していきます。

マスク着用の運動が身体に与える影響

運動中のマスク着用により、呼吸において酸素が不足し、二酸化炭素の割合が増加します。

そのため、身体全身は低酸素の環境となり、あらゆる組織に弊害が生じます。この低酸素環境では、身体に多くのストレスが加わります。

  1. 呼吸筋へのストレス
  2. 心肺へのストレス
  3. 脳と神経系への悪影響
  4. 免疫メカニズムの問題

スポンサードサーチ

呼吸筋へのストレス

マスクの着用により、呼吸時の吸気・呼気の循環は少し閉ざされた環境になっています。呼気を再び吸うことで、動脈の二酸化炭素濃度が上昇するため、全ての臓器では低酸素環境になります。運動強度が高いほどこの状態になりやすいとされています。

そのため、マスクを使用して運動する方は、不快感・倦怠感・めまい・頭痛・息切れ・筋力低下・眠気などの症状を引き起こす可能性があります。

症状まとめ

  • 不快感
  • 倦怠感
  • めまい
  • 頭痛
  • 息切れ
  • 筋力低下
  • 眠気

約10分以上の運動における吸気および呼気に対するマスクの抵抗は、乳酸値の上昇や早期疲労感・倦怠感を引き起こす可能性があり、筋肉の損傷を生じさせやすくなったり、心理的にも悪影響を及ぼします。

呼吸の機能が低下するため、無理やり呼吸をしようとして、呼吸補助筋を過剰に緊張させてしまうことも考えられます。この時、首・肩回りの筋肉を過剰に使用し”胸式呼吸”を行うため、肩こりや頸部痛を引き起こすことがあります。

心肺系ストレス

酸素と二酸化炭素の呼吸循環機能が低下すると、低負荷な運動でも心拍数と血圧が上昇します。

そのため、呼吸筋へ加わる負荷が増加し、心臓への負荷が増加します。

まとめ

呼吸循環機能の低下

心拍数・血圧の上昇

呼吸筋への過負荷

心臓への負荷が増加

運動によるこれらの変化は健康な方ではわずかに生じるものですが、呼吸循環器系の疾患を有する方では容態を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

スポンサードサーチ

脳と神経への悪影響

脳への血流が低下するため、脳虚血を引き起こし、循環を悪くさせてしまいます。

この低酸素の状態では、姿勢の安定性・固有受容感覚・歩行速度の変化・転倒に関して悪影響を与える可能性が高いです。

まとめ

  • 姿勢が不安定になる
  • バランス感覚機能の低下
  • 歩行速度の低下
  • 転倒の危険性が高くなる

これは、高齢者だけではなく、呼吸器疾患を有する方がマスクを使用して運動していることも当てはまるので注意が必要です。

まとめ

マスクを着用しての運動は、もともと持病を抱えている方、特に呼吸循環器系の場合はリスクが高いことがわかります。

フィットネスクラブ・ジムでエクササイズをする方は、マスクを着用しているときには低〜中程度の強度の運動をすることをお勧めします。

強度の目安としては、”多少息が上がる・汗ばむくらいの運動・トレーニング・エクササイズは中等度の運動”とし、”しばらく時間を空けないと呼吸が整わない程度の運動を高強度”とするのが良いのではないかと思います。

身体へ与える様々な影響を考慮すると、持病持ちの方に関しては、マスクを着用せず、必要に応じてご自宅で一人で運動される方が良いでしょう。特に持病のない方の場合、運動時には『ソーシャルディスタンス(社会的距離)』をおく意識をすることの方が、身体にとってはより良い効果をもたらすと考えられます。

スポンサードサーチ

参考文献

  1. “Exercise with facemask; Are we handling a devil’s sword?” – A physiological hypothesis:Baskaran Chandrasekaran, Shifra Fernandes, Med Hypotheses, 2020
  2. Dixit S. Can moderate intensity aerobic exercise be an effective and valuable therapy in preventing and controlling the pandemic of COVID-19? Med Hypotheses. 2020;143
  3. Stevens D., Jackson B., Carberry J., McLoughlin J., Barr C., Mukherjee S. The impact of obstructive sleep apnoea on balance, gait and falls risk: a narrative review of the literature. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2020

コメント